東京大学 医科学研究所 生命倫理研究分野

Members

神里彩子 准教授(研究倫理支援室 兼任)

神里彩子 准教授
一言:
医科研は、中学高校時代の通学路でした。正門からの景色は四季を通じて美しく、毎朝、「今日もがんばろう!」というエネルギーをくれます。そのような素晴らしい環境で研究ができることに喜びを感じています。
1990年代末から生命倫理政策、とりわけ生殖補助技術に関する政策に関心を持ち研究をしてきましたが、この20年の間に随分と社会の意識が変ったように感じます。倫理観は時代と共に変遷するものなので変ることは問題ではありません。しかし、「息苦しい社会」へは進んで欲しくない、そんな思いを持ちながら、生命倫理に関する政策の研究をしていきたいと思います。
好きなこと:
早起き。神宮球場での六大学野球観戦。
好きなもの:
スイーツ(no sweets , no life!)、ワイン
座右の銘:
伸びやかに、しなやかに、自分のできることを精一杯やるのみ
経歴:
1996年慶應義塾大学環境情報学部卒業、1998年法政大学大学院社会科学研究科法律学専攻修士課程修了、2002年法政大学大学院社会科学研究科法律学専攻博士課程修了。株式会社科学技術文明研究所研究員、法政大学法学部非常勤講師、東京大学産学官連携研究員、東京大学公共政策大学院公共政策学連携研究部特任研究員を経て、2009年より東京大学医科学研究所に在職。法学博士。
2009年2月~研究倫理支援室特任助教
2014年1月~研究倫理支援室特任准教授
2017年2月~生命倫理研究分野(研究倫理支援室兼務)准教授
プロジェクト:
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「研究公正高度化モデル開発支援事業」「倫理審査の質向上を目的とした倫理審査委員向け教材の開発」(研究代表者:神里 彩子、平成28年度~)
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)センターオブイノベーション(COI)プログラム「真の社会イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造拠点」(研究代表者:弘前大学 中路重之、平成27年度~)
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」再生医療の実現化ハイウェイ「再生医療研究における倫理的課題の解決に関する研究」(研究代表者:東京大学 武藤香織、平成23年度~)
社会活動:

<政府審議会関係>

  • 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 生命倫理調査会 専門委員
  • 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 生命倫理調査会「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る タスク・フォース 構成員
  • 文部科学省科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会特定胚等研究専門委員会 委員
  • 文部科学省科学技術・学術審議会生命倫理・安全部会ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する専門委員会 委員
  • 厚生労働省厚生科学審議会科学技術部会 ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる生殖補助医療研究に関する専門委員会 委員
  • 厚生科学審議会科学技術部会ゲノム編集技術等を用いたヒト受精胚等の臨床利用のあり方に関する専門委員会 委員
  • 厚生労働省 指定難病患者データ及び小児慢性特定疾病児童等データの提供に関する有識者会議 構成員
  • 指定難病患者データ及び小児慢性特定疾病児童等データの提供に関するワーキンググループ 構成員

<学会関係>

  • 日本生命倫理学会 理事
  • 日本再生医療学会 生命倫理委員会 委員

<倫理審査委員会関係>

治験

  • 国立がん研究センター治験審査委員会委員

ES細胞研究

  • 国立成育医療研究センターヒトES細胞研究倫理審査委員会 委員長
  • 国立国際医療研究センターヒトES細胞研究倫理審査委員会 委員

一般

  • 国立研究開発法人理化学研究所横浜事業所研究倫理委員会 委員
  • 国立成育医療研究センター倫理審査委員会 委員
  • 北里大学北里研究所病院研究倫理委員会委員 委員
  • 聖路加国際大学 研究倫理審査委員会 委員
  • 順天堂大学医学部研究等倫理委員会議 委員
  • 日本動脈硬化学会倫理審査委員会 委員

有澤和代 特任研究員

一言:
終末期医療の自己決定権をテーマに学部では憲法学、大学院では法哲学の視点から研究をしていました。生命倫理に関心を持ったのはこのときです。初心に戻って研究する機会をいただいたことに感謝して、医科研での日々を大切に重ねてまいりたいと思っております。
好きなこと:
旅先で美術館やアートギャラリーを訪ねること。深夜のお茶と徹夜の読書。
座右の銘:
Peace begins with a smile.
いつも笑顔でいること、そしてオープンマインドでいることを心がけています。
経歴:
2003年立命館大学法学部卒業、2005年同大学大学院法学研究科公法専攻修士課程修了、2008年早稲田大学大学院法務研究科法務専攻専門職学位課程修了。特許事務所勤務、弘前大学COI研究推進機構 講師・URA、慶應義塾大学 専門員・URAを経て、2018年より現職。

洪賢秀 特任研究員

一言:
韓国のソウル出身です。人生の半分以上を日本で過ごしています。研究関心として、先端医療技術の登場によって各社会がその技術をどのように受容し、どう対応してきたのかについて、社会的・文化的特徴に注目しています。新しい研究へチャレンジ―できることや、学際的な交流活動ができることに感謝、感謝です!
好きなこと:
空の雲をながめながら無心になること、旅先で新しい発見をすること。
好きな瞬間:
スイーツの最初の一口、フワフワの枕に顔を埋めた瞬間。
座右の銘:
自分の常識に疑問をもち、物事に枠をはめない。。
経歴:
1985年青山学院大学文学部卒業、1989年お茶の水女子大学人文科学研究科教育学専攻修士課程修了、1998年お茶の水女子大学人間文化研究科比較文化学専攻博士課程修了(学術博士)。お茶の水女子大学人間文化研究科・助手、株式会社科学文明研究所・研究員、医療科学研究所・研究員、東京大学医科学研究所公共政策研究分野・特任助教、2018年から明治学院大学社会学部付属研究所・研究員、株式会社ベーシック研究所・代表取締役、2019年6月より現職。

神野浄子 学術支援職員

一言:
豊かな緑と聡明な皆さまに囲まれ、日々楽しく研究のサポートをさせて頂いております。
少しでもどなたかのお役に立てていることを願いつつ、
このご縁を大切に、何事にも真摯に取り組んで参りたいと思っております。
趣味:
片手にワインを持って、のお散歩
座右の銘:
“一期一会”
       人・モノ・事との出会いを大切に、
       毎日を心穏やかに過ごすことを心掛けています。

佐藤美樹 学術支援専門職員 研究倫理支援室付

一言:
日々、木々に囲まれ、季節の移り変わりを感じながら仕事ができることに感謝しています。
医科研を初めて訪れたのは、まだ寒さの残る2010年の2月。研究に関わる仕事を希望して紹介された地が医科研でした。それよりずいぶん前に、西門の前を通りかかったときには、将来こちらでお仕事させていただくことになるとは夢にも思わなかったものですが、今日まで本当に不思議なご縁を感じます。
技術の進歩により、一昔前までは不可能と思えたことがすごいスピードで現実化している世の中において、より一層個人の倫理観が問われる時代になってきているように感じます。すべての人が安心して平和に暮らせる社会を願いながら、縁の下の業務に精励したく思っています。
好きな場所:
大きな木があるところ。広い空があるところ。
座右の銘:
一言芳恩
これまで受け取った親切に感謝し、いただいたご恩を忘れずに、これからも生きていきたいと思います。

page_top

東京大学 医科学研究所 生命倫理研究分野