ご挨拶

 皆様方におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃より、東京大学医科学研究所の活動にご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 ご承知の通り、我が国は産学官民の連携による医科学・医療・保健衛生の推進と手厚い健康保険制度により、世界屈指の長寿大国に成長しました。また、医薬品、医療機器分野は、国民の健康増進の鍵を握るのみならず、国の貿易収支をも左右する巨大産業に発展しております。一方で、超高齢化社会を迎えて、従来通りの医療・保険制度の継続が困難になりつつあるのも事実であり、医科学・医療のパラダイムシフトが求められております。
 このような中で、本年、医科学研究所は、1892年の北里柴三郎博士による前身の伝染病研究所創立125周年、また1967年の医科学研究所への改組50周年の節目を迎えます。
 我々はこの機会に、創立以来、世界の感染症研究の指導的役割を果たすとともに、その成果を疾患の治療、予防へと展開した先人の叡智に改めて思いを馳せ、その神髄を学び取るとともに、医科学研究所への改組後の50年、感染症、免疫疾患のみならず、がん、ゲノム科学、情報科学、先端医療、再生医学、動物モデル、粘膜ワクチン学など最新の医科学を導入、発展させてきた基盤に立ち、また、全国唯一の研究所病院をもつ利点を活かして、我が国の新たな医学・医療のパラダイムシフトを、この白金台から発信する覚悟でおります。
 そして、独立法人化後、運営費や定数の削減により疲弊しつつある大学の現状を打破するため、今後可能となる様々な大学の規制緩和策も見据えながら、産官学民から、より広く支持される研究所・病院を目指して体制を改革し、社会との連携強化を図ります。
 この目的で、豊かな健康・長寿社会を実現する事業として、IMSUT One to Gogoプロジェクトを立ち上げます。
 具体的には、
(1) 未来型病棟の開設に向けた病院の整備、
(2) 医療用スーパーコンピューターの拡充、
(3) 海外拠点の充実、
(4) 次代を担う若手人材の育成、
(5) 先導的基礎・臨床研究の推進、
(6) 社会連携部門や企業研究部門の誘致、

を通して、白金台キャンパスを、大学と社会との新しい形のインターフェイスとして発展させる予定です。
 つきましては、何卒、本趣旨にご理解とご賛同を頂き、本事業を貴台とともに完遂できますよう、格別のご支援、ご高配を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。


ご寄付いただいた方の特典
(1) 東京大学医科学研究所独自の特典
  10万円以上ご寄付いただいた方のご芳名を講堂前の銘板に掲示させていただきます。
(2) 東京大学基金としての特典
  http://utf.u-tokyo.ac.jp/htd/privilege.html


【IMSUT One to Gogo基金のお問い合わせ】
東京大学医科学研究所 研究支援課
〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
電話:03-6409-2013
FAX:03-6409-2017
Email:t-gshikin@ims.u-tokyo.ac.jp
(*電子メール送付の際は@を半角にお直しください。)


リンク
  東京大学基金Webサイト
 












寄付者銘板




ネームプレート(見本)



医科研トップに戻る