メッセージ

教授 川口 寧

趣味

お酒を飲むこと、食べ歩き

スポーツ全般(特にスキー、野球)、海外ドラマ鑑賞

私達の研究対象であり、様々な感染症を引き起こすウイルスは、DNAまたはRNAのいずれかを遺伝子として持ち、そのまわりをタンパク質の外殻が囲んでいる極めて小さく、かつ、単純な構造をもつ粒子です。この小さく・単純なウイルスがヒトや動物に感染すると複雑な病気を引き起こします。そして、これらの病気の制圧は困難な場合が多いのが現状です。さらに、これらの病原性ウイルスを人工的に調教することによって、癌や難治性神経疾患の治療に利用するといった試みも盛んに行われています。このように、ウイルスは非常に魅力的な研究対象なのです。

私達の研究室では、DNAを遺伝子として持つウイルスであるヘルペスウイルスをモデルとし、「ウイルスがどの様に増殖するか?」「どの様に宿主に病気を引き起こすか?」といったウイルス学の根幹をなす命題に迫るべく、戦略的基礎研究を推進しています。また、基礎研究で得られた知見を基に、ウイルスの制圧に直結する新しいワクチンの開発や抗ウイルス剤の開発に繋げる橋渡し研究も行っています。

私達が主に研究対象としている単純ヘルペスウイルスは、ヒトに脳炎、粘膜性疾患、眼疾患、皮膚疾患といった多様な病態を引き起こし、全世界で数千万人が罹る医学上極めて重要なウイルスです。また、古くから研究が精力的に行われ、数あるウイルスの中でも最も研究が進んでいるウイルスの1つです。私達の研究室では、独自に開発したウイルス改変系、ウイルス特異酵素の解析系、生きた感染細胞でのリアルタイムイメージング系を駆使し、試験管内での生化学的および分子生物学的解析から、培養細胞レベルでの細胞生物学的およびウイルス学的解析、さらには、病態モデルや改変動物を用いた実験動物学的解析等、多岐に渡る実験手法を駆使して研究を行います。

一方、ヘルペスウイルスは宿主に潜伏感染と回帰発症(再発)を長い間繰り返します。実は、宿主の一生において、ヘルペスウイルスが病気を引き起こす期間は極めて短く、大部分の期間は病気を引き起こさない潜伏感染として宿主と共存します。興味深いことに、ヘルペスウイルスの潜伏感染が、宿主の細菌感染や癌に対する抵抗性などを制御していることが近年明らかになってきました。つまり、ヘルペスウイルスは宿主に病気を起こすという負の因子であるだけでなく、宿主の生命活動に寄与する正の因子であるという新しい概念が生まれつつあります。私達の研究室では、医学上極めて重要なウイルスの病原性発現機構の解明と、その医療への応用という伝統的なウイルス学を探求すると共に、ウイルスを生体恒常性因子として捉え直し、その意義を解明するという次世代ウイルス学にも挑戦しています。

これらの研究を通じて、未来のサイエンスを担う若い研究員や学生諸君を育成・輩出することが私達の研究室の最終的目標です。最先端のウイルス研究に私達と共に参加してみませんか?やる気とウイルスに興味がある方なら、ウイルス学や生物学のバックグランドが無くても問題ありません、研究室のスタッフが懇切丁寧に指導します。私達の研究に興味がある方は、是非、研究室を訪れてみてください。

略歴

1986年3月 私立 開成高校卒業
1992年3月 東京大学 農学部 獣医学科卒業
1995年3月 東京大学 農学生命科学研究科 獣医学専攻(見上 彪研究室) 博士課程修了、博士(獣医学)取得
1993年4月 日本学術振興会 特別研究員
1995年6月 シカゴ大学(Bernard Roizman研究室) 博士研究員
1996年4月 日本学術振興会 海外特別研究員
1997年10月 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助手、同 講師 (1994年4月)、同 助教授 (2000年4月)
2002年11月 名古屋大学大学院 医学系研究科 ウイルス学分野 助教授
2002年11月 科学技術振興機構 さきがけ研究「生体と制御」領域 研究者(兼任) (〜2006年3月)
2005年7月 東京大学 医科学研究所 感染症国際研究センター ウイルス学分野 准教授
2011年11月 東京大学 医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス病態制御分野 教授
2012年1月 東京大学 医科学研究所 感染症国際研究センター 感染制御系 教授(兼任)
2013年4月 東京大学 総長補佐 (〜2014年3月)
2015年4月 東京大学 医科学研究所 副所長
2015年4月 東京大学 医科学研究所 アジア感染症研究拠点 拠点長 (兼任)

・ 日本ウイルス学会 ウイルス学将来構想委員長 (2010年4月〜)

・ Co-Chair, The 39th International Herpes virus Workshop (July 19-23, 2014)

・ 第62回日本ウイルス学会学術集会 プログラム委員長 (2014年11月10日〜12日 )

・ Chair, The 14th Awaji International forum on Infection and Immunity (September 8-11, 2015 )

・ A member of Editorial Board for Virus Research (2005年1月〜)

・ Associate Editor for Microbiology and Immunology (2007年1月〜2011年6月)

受賞歴

・ 1994年9月  日本獣医学会獣医学奨励賞

・ 2001年11月  日本ウイルス学会杉浦奨励賞

・ 2016年3月  テルモ財団賞